アドセンス、アフィリエイトにちょっと使えるネタ帳 トップページ >> スポンサー広告アフィリエイト >> 情報商材のアフィリエイトで注意すべき3つの注意点

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


ブログ内関連タグ :

| page top↑
スポンサーリンク

今回は、情報商材をアフィリエイトするときの注意点を書いておきます。


■ 胸を張って紹介できる商品かどうか考えたことが無い

情報商材をアフィリエイトするための物だと思っているので、
紹介している商品が自分が胸を張って紹介できる商品かどうか考えたことが無い。

情報商材は確かに価格がある程度高いので、アフィリエイトしたときの報酬も多いですね。
しかし、情報商材を選ぶ基準が、『アフィリエイトしたらどれが儲かりそうか?』と言う基準では、
詐欺商材をアフィリエイトしてしまうこともありうるわけですね。

もし、情報商材の作者が本気で情報商材に自信があるなら、
情報商材を買った人以外アフィリエイト禁止ということも出来ますから、
評価を調べて買ってから実践してみてアフィリエイトするという手もあります。

ブログで変な商材を薦めていると信用度が落ちますからね。
あなた紹介している商品はあなたが胸を張って紹介できる商品ですか?


■ ブログでなんでもかんでも紹介しない
ブログで何でもかんでも情報商材を紹介しないこと
1ページに1つづつ別の情報商材を紹介しても、
訪問者も『本当はどれがいいの?』、『また宣伝か』と思うだけでアピール度が低いです。

それなら、上で挙げたような胸を張って紹介できる情報商材を1点載せた方が、
訪問者にとっても迷わないでしょう。


■ 信用がないと長続きしない
ブログで活動すると信用が築ける利点があると同時に
一度信用を失うと取り返すのが非常に難しい。

リードメールなどに無理して広告費を投入しブログで宣伝しても長期間は稼げません。
もし長期間稼ぎたいならブログのつくりを訪問者を裏切らないものにすること。



といあえず、3つ注意点をあげました。

ちなみに、この3つを守らない人が多かったおかげで
現在情報商材の信用度壊滅的ですよね~(^^;

だって、売り文句で煽って売るだけ売って、
売った後にさらに売り込みをするんだから押し売りと一緒。

アフィリエイターがこれに拍車をかけたので信用度がた落ち
しかも、こういったことを考えないアフィリエイターも数が多いので性質が悪いんですよね。

おかげで、自分達で自分達の稼げる場所を潰してしまった。
信用を取り戻すには大変なのにね。


もう、完全に発売前にASPがチェックして(ASPが内容を盗まないことが大前提であるが…)
問題ある情報商材をシャットアウトするぐらいしか手は無いけど、
それでも商材の差換え不可とかにしないと防げないやつは防げないよね。
でもそれをやってしまうとアップデートも出来なくなるしバランスが難しい。


まあ、根本的な解決方法は無いのかもしれない。

自信のある情報商材の作者はASPに頼らないしね。


私は情報商材を買ったことがありませんが、
もし、買うとしたら『インスタントブログアフィリエイト』かな~
他に読んでみたい情報商材って2つぐらいかな~。
『インスタントブログアフィリエイト』は一度読んでみたいけど、
たぶん今の私では実践してしまっていることだらけかもしれない。
いくつか気づいていないことを気づかせてくれるかもしれないけど…
スポンサーリンク


ブログ内関連タグ : アフィリエイト 情報商材

トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fromaffili.blog22.fc2.com/tb.php/54-86640178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックを頂いた記事内で、該当記事へのリンクの無いものは受けつけませんので、よろしくお願いいたします。
RSS拾って紹介しました的なコメントやトラックバックも削除しますのでよろしく(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。