アドセンス、アフィリエイトにちょっと使えるネタ帳 トップページ >> スポンサー広告ブログを作る前に考えること >> 集中していると視線が狭くなるよ、時には別のことを考えてみませんか?

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


ブログ内関連タグ :

| page top↑
スポンサーリンク

今回は、『集中していると視線が狭くなるよ、時には別のことを考えてみませんか?』です。

ちょっと今回は関連があるかないかわかりませんが、
説明のつかないような話も混じっています。
まあ、適当に読み飛ばして下さい。

私が作る普通のブログには、基本的にdffのクリック募金を載せるようにしています。
このブログも一番下の方に載ってます。

最近はブログパーツなんかもあるようですが、
色合いが合わないので大体テキストリンクだったりします。


実は、これには理由があります。
その理由は、『気付かせてくれたクリック募金に感謝して、稼げるようになったあのときを忘れないため』です。

以前私はたぶんにもれず、リードメールなんていうのをやっていました。
あの、ポチポチやって広告を見て稼ぐやつですね。
今でも、情報収集(変なものに引っかからないように)のためにたまにやっています。

このころは全然稼げなくってですね。
もう毎日毎日いろんなパターンのブログとか作って失敗してやめてみたり、
作ったはいいけど手が回らなくてそのままになってみたりとそんな感じでした。

それで、あるときふと思ったんですよね。
毎日毎日ポチポチやってるな~、確かにお金が稼げるようになりたいから、『少しでも欲しい』なんてポチポチやってるけど、このクリックって人の役に立つ方法ないのかな~って。

調べてみたらあるじゃないですか。
『ブックマークしてもいいけどそれだと自分だけなのでブログに貼り付けておくか』という気持ちでブログに貼り付けておいたんですね。

自分のブログって記事を投稿した後にチェックする機会が多いので、
管理しているブログに投稿した後毎日ポチポチするようにしたんです。

それから何日もしないうちに新しいブログを作ろうと思ったんですが、
その前にクリック募金でもしておこうかと思ってクリック募金のページを見に行ったんです。


今は寄付総額の概算値として1秒間に2円くらいずつ増えていくフラッシュになってますが、
以前はクリック募金のページには『募金実績』として寄付の総額が出ていました。

この『募金実績』を見て思ったんですよ、
『何で1クリック1円なのにこんなに金額が貯まるんだ?』って。

そもそも、人はどんなときにクリックしているんだろう?
その前に、自分はどんなときにクリックしているんだろうか?

これがわかれば自分のブログのクリック率を上げるのって
それほど難しいとは思いませんよね。


もうそれから何日かは、
自分が他のブログとかホームページを見に行ってクリックすると、
『どうして今自分はクリックしたんだろう?』
なんて考えていました。

そうすると、上の作業を2日もやれば傾向がわかってくるんですよね。

それで、作ろうと思ったブログに考えたことをそのまま取り入れてみた。
そうしたら、作ったブログが1週間ほどでインデックスされてアクセスがだんだん増えてきたら他のブログとクリック率が違うんですよ。

このクリックについて閃いた周辺の期間にはいろんな事を思いついたりしてそれまでの数ヶ月間とまったく違う気づき方ができたんですね。
それで、作っていたブログのつくりがガラッと変わってしまったんです。
この結果が出たときは、『誰か(見えない人:私は霊感ありません)が気がつかせてくれたのかな?』とか少し思ってしまいました。

まあ、いろいろ失敗したからそこに気がついたと言ってしまえばそこまでなのですが、
人の役にもたてますし、それだけではなく私にとって、クリック募金て感謝の対象なんです。
スポンサーリンク


ブログ内関連タグ : アドセンス ブログ

トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://fromaffili.blog22.fc2.com/tb.php/41-31955051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックを頂いた記事内で、該当記事へのリンクの無いものは受けつけませんので、よろしくお願いいたします。
RSS拾って紹介しました的なコメントやトラックバックも削除しますのでよろしく(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。